© 2017 by Minoru Taniguch

 

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

英会話・スペイン語の勉強方法

May 28, 2017

自分にあった勉強方法って考えたことありますか?

 

 

 

 

大まかに言うと、4つのタイプに分けられて....

 

 

 

 

Visual Learners

このタイプは、写真や図などのインフォメーションを元に、自分の頭の中でプロセスして覚えるのが好きな人です。図やグラフ、プレゼンテーションなど、情報と学習ポイントとのリンクがわかりやすいものを使う事で、勉強効率が上がるようです。

 

 

 

 

Audio Learners

このタイプは、見たり書いたりするよりも、音を聞く事により情報をプロセスするのが得意な人です。暗唱したり、声に出したりしたりすると効果的なようです。誰かに質問してもらったりして、答えを声に出すのが良いかもしれません。

 

 

 

 

Reading/Writing Learners

このタイプは、文字を読んだり書いたりする事により、勉強効率が上がるタイプの人です。資料をたくさん読んだり、宿題でもエッセイでもとにかく文字に変換して書き出す事が、覚える為の早道かもしれません。

 

 

 

 

Kinesthetic Learners

このタイプは、体を動かす事によって覚えるのが得意な人です。何かアクティビティをしたり、ロールプレイをしてみたりするのがよく、ノートでもなんでも、書くという動きも良い方法の一つです。

 

 

 

 

さて、ざっくりとあるこの4つ。どれかにあてはまるでしょうか?

 

 

 

 

一つだけ当てはまる人もいれば、何個も当てはまる人もいるかもしれません。

 

 

 

 

Minoruの場合、英語とスペイン語を勉強するにあたって当てはまるのは、

VisualとAudioかな?

 

 

 

 

何をかくそう、Minoruの良い教材になったのはSouthparkという、アメリカのアニメ。

 

 

 

 

このアニメ、その時々に起こっている時事問題を茶化した内容が多く、結構わかりやすいなーと(今は)思うのですが、最初に見た時は、もう早口すぎてわからないし、使っている言葉もまぁエレガントではなく、結構衝撃的でした。

 

 

 

 

でも、言葉を耳にして、それに伴った動きをアニメーションがしているので、ある意味わかりやすかったのと、内容が時事的な事だったりするので、興味を持って見る事ができました。

 

 

 

 

そうそう、あと歌う事も好きなので(上手いか下手かは関係なく)、英語の歌(今はスペイン語の歌)を真似して歌うようにもしました。一言一言意味を噛み砕かないと歌えないので、必然的に意味を覚えるし、発音を真似する事によって、舌をその言語に合わせた動きの練習にもなるので、より一層ナチュラルな発音に近づけることにもつながったと思います。

 

 

 

 

てな感じで、みなさんも自分にあった勉強方法を、もう一度見直してみませんか?

 

 

 

 

文法や単語、長文を読むだけが勉強じゃないですよー!

 

 

 

 

See you next time٩( 'ω' )و

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts