© 2017 by Minoru Taniguch

 

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

これってa?それともthe??それとも... その②

September 1, 2017

長らくお待たせしました!

 

 

 

冠詞の使い方。今回は「The」編です٩( 'ω' )و

 

 

 

Theって結構どう使って良いかわからないですよね?

これって結構上級者の方でも迷うことあるんじゃないかなーと、

Minoruは勝手に思ってます(笑)

 

 

 

 

ここで一つ例でもあげてみましょうか。

 

 

 

 

"I saw a dog"

"I saw the dog"

 

 

 

 

さて、この違いとはいかに?

 

 

 

 

前回書いたこと覚えてるかな?おさらいになるのですが、

冠詞をつける対象になる名詞の事を、聞き手が特定できるかできないかが、

不定冠詞(a/an)か定冠詞(the)の違いなのです。

 

 

 

なので、

"I saw a dog"は、「犬を(1匹)見た」って意味になるけど、

話し手はその犬のことは、以前に会ったこともないし、全く情報を持ってない。

つまり、本当不特定多数のなかのうちの一つの犬。

 

 

 

それに対して、

"I saw the dog"は、「その(あの)犬を見た」って意味になって、

話し手も聞き手もすでにその犬のことを知っていて、その特定の犬のことについて語りたいので、定冠詞の「the」をつけます。

 

 

 

こんな感じで、「the」というのは「a/an」とはちがい、

特定されているもののことを伝えたい時に使います。

 

 

 

 

日本語でも特定のことを指す時には「その」とか「あの」とか言いますよね?その感覚です。

 

 

 

 

さてさて、他にはどんな使い方があるのでしょう?

 

 

 

 

◎唯一無二のもの

 

っていう言い方をするとたいそうな感じがするけど、

言ってみれば、この世に一つしかないもの。

ただし、人名とか会社名とか地名とか、一つしかなかったとしても、

そういうのには「the」つけないので悪しからず。

例えば...

 

the sun(太陽)

the universe(宇宙)

the earth (地球)

 

 

などです。

 

 

 

 

◎海・川・運河・砂漠など

 

海・川・運河・砂漠などにはtheがつきますが、湖や山にはつきませんのでご注意を!

 

the Sumida river(隅田川)

the Pacific ocean (太平洋)

the Panama canal(パナマ運河)

the Sahara desert(サハラ砂漠)

 

湖や山には、theがつかないかわりに...

 

Lake Biwa(琵琶湖)

Mount Fuji (富士山)

 

など、LakeやMountが固有名詞の前につきます。

ただ、一つ例外があって、山でも連山(山脈)にはtheをつけます。

上記のようにMountがつくのは、個々の山の名前を言う時に使います。

 

The Alps(アルプス山脈)

The Andes(アンデス山脈)

 

 

 

 

◎状況や文脈から特定できるもの

 

例えば、部屋の中で2人が会話をしていて、窓を開けてもいいか?(しかもその窓は部屋にひとつしかない)と聞く時には、話し手も聴き手も、どの窓かは特定できるので...

 

"Can I open the window?"

 

と聞けるのです。

 

また、文脈から判断できるものとして...

 

"I bought a TV yesterday. But the remote control has got broken already"

「昨日テレビをかったけど、もうリモコンがこわれちゃったよ」

 

という文章。リモートコントローラの前に「the」がついてるのは、そのリモコンはテレビに付属しているものと容易に特定ができるからです。

 

 

 

◎名詞の意味を特定する

 

名詞に前置詞や関係代名詞を使う時、その名詞の意味を特定するために使います。

 

例えば、"the size of my shoes"「私の靴のサイズ」という文章。

これは、誰か他の人や靴のサイズといった、不特定多数のことを指すのではなく、

具体的に「私の靴」の「サイズ」と特定してるため、"the"を使います。

 

 

 

 

◎物の形から本質を引き出す

 

例えば楽器のように、ピアノやギターなど、形はあるけど、

本当の役割は音を出すこと。

なので、その本当の役割を果たす時は、そのことを特定してあげるべく"the"を使います。

 

"I play the piano" 「私はピアノを弾く」

"I play the guitar"「私はピアノを弾く」

 

 

 

 

◎時間や空間にまとまりをもたせる

 

例えば朝や夜など、1日のうちのある特定の時間を指したいとき

 

"Let's meet at 6 in the morning"「朝の6時に会いましょう」

 

と行った感じに、1日に朝と昼と夜があって、そのうちの朝という時間帯を特定したいので

"the"を使います。

 

 

 

 

"the"の使い方は、ざっくりとこんな感じかな?

とにかく、特定できるかできないかが、不定詞・定詞のみわ目方なんで、

バンバン口に出して使っていくうちに、なれてくるかもですねー。

 

 

 

 

ではでは、今日はこの辺までと言うことで ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts