© 2017 by Minoru Taniguch

 

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

HaberとEstarの違い

September 22, 2017

 

おひさしぶりです!

 

 

 

 

季節の変わり目で体調を崩している人も多い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

さて、今日は久しぶりにスペイン語の記事にしたいと思います。

お題は"Haber(Hay)"と"Estar"の違いについてです。

 

 

 

 

この二つの動詞、どちらとも「〜がある・いる」といった訳になるけど、

使い方がまーったく異なります( ゚д゚)

って言われても、なんのこっちゃわからないので、

ここで例文をつ。

 

 

 

 

No hay presidente. 英語で言うとThere is no president.

「大統領(という存在自体)はいません」

 

El presidente no está aqui.英語で言うとThe president is not here. 

「大統領はここにはいません」

 

 

 

 

この二つの違いわかりますよね?

"Hay"は大統領の存在自体を表しているのに対して、

"Estar"は大統領の所在について表しています。

 

 

 

 

ちょっとややこしいけど、英語に訳すと違いがわかりやすいかもしれません。

ここで例文をもう一つ。

 

 

 

Hay un juguete en la silla. (There is a toy on the chair.)

「椅子の上におもちゃがあります」

 

El juguete está en la silla. (The toy is on the chair.)

「そのおもちゃは椅子の上にあります」

 

 

 

 

だんだん掴めてきたでしょうか?

 

 

 

 

"Hay"を使った文章を英語にすると"There"が主語になっていて、

"Estar"の時は、人や物が主語になっていますよね。

 

 

 

 

つまり、"Hay"は人・事物の有無(存在)を表す表現で、英語の"There"も同じですよね。

それに対して"Estar"は主語の所在や、主語の状態,様子や変化の結果を表現します。

 

 

 

 

"Estar"で一番最初に覚える言葉って、おそらく"Cómo estás? - Estoy muy bien."かな?

これって主語の所在を表現してるのではなく、主語の状態(この場合元気か元気じゃないか)を表してますよね。

 

 

 

 

なかなかごっちゃになりそうな表現も、一回英語に訳してみたら、意外と簡単だったっていうこともあるので、お試しあれー♪

 

 

 

 

 

ではでは、今日はこの辺で。

 ¡Hasta luego!☆

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts