© 2017 by Minoru Taniguch

 

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

もっちろーん!

May 9, 2018

A:「ねーねー、トイレ行ったら手洗うよね?」

B:「もちろん!」 

 

 

A:「ねーねー、飛行機の中でタバコすってもいいよね?」

B:「絶対ダメに決まってるやん!」 

 

 

と、ちょっとバカバカしい会話の例2つから始まった今回のブログ。

でも、こういう会話というか相槌の打ち方、あなたは知ってますか?

知ってるという人の中には...

 

 

「of course!」

「of course not!」

 

 

でしょ?って思った人も多いはず。

確かにこれも間違いではないけど、

もっと「絶対に/絶対にだめ」というニュアンスを含めて言いたい時に、

どんな言葉を使うかというと...

 

 

「Absolutely!」

「Absolutely not!」

 

 

なのです。

辞書で調べると、absolutelyって...

「完全に」「絶対的に」「無条件に」

「きっぱりと」「完全に」「まったく」

てな感じの意味が出てきます。

なので、一番最初の例文の相槌も、

「あたりまえ/絶対だめ」っていうニュアンスが含まれてるのですʕʘ‿ʘʔ

 

 

 

さぁ、だんだんつかめてきたでしょうか?

ここでもうすこしいくつか例文を。

 

 

A: Are you coming to the party tonight?(今夜のパーティーに来ますか?)

B: Absolutely!(もちろん!)
 

A: Are you happy with your job?(あなたは今の仕事に満足してますか?)

B: Absolutely!(もちろん!)

 

A: Are you guys together?(あなたたちはカップルですか?

B: Absolutely not!(とんでもない!)

 

A: Can I break your nose? (あなたの鼻をへし折っても良いですか?)

B: Absolutely not!(ダメに決まってるやん!)

 

 

ね、これでabsolutely / absolutely notの相槌の使い方なんとなくわかったでしょ?

というわけで、どんどん活用してくださいねー。

 

 

 

See you later☆

 

P.S.

このAbsolutely Fabulousっていうドラマ、昔よくハマってました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts