© 2017 by Minoru Taniguch

 

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

安全の確保

June 22, 2018

 今週は大阪で大きい地震がありましたね。

みなさん、そして家族や友人など、被害に遭われたもいらっしゃるのではないでしょうか?

みなさん無事でいると良いのですが...

 

 

 

Minoruは奈良出身で、

家族はもとより友達も大阪にいたりするので、

南海トラフ地震の事は心配に思ってたものの、

まさかのノーマークなところでの大きい地震には本当びっくりです。

熊本の地震もそうだし、阪神大震災もそうだし。

日本ってどこに住んでても、地震のリスクってあるなと

改めて思い知らされました。

 

 

 

さて話は少し変わって、

例えば今回のように地震が起こった時とか、

何かの事件が発生した場所にいてたとして、

家族や友人から「大丈夫?」

ってメッセージをもらうでしょ?

で、「私は無事です」って英語で返信するのに、

あなたはどんな言葉をチョイスするでしょうか。

 

 

 

おそらく真っ先に出てくるのは、

「I'm safe.」

かなと。

 

 

 

間違いじゃないんですこれ。

でも、ちょいと一捻り足りないʕ•ᴥ•ʔ

じゃあ何を足すかというと。

 

「sound」

 

これを使って、

 

「I'm safe and sound」

 

え?音??と思ったあなた。

一度辞書を調べてみましょう。

soundには音の他にも色々意味があって、

今回のような状況で使う場合、

soundは形容詞として使われるので

「〔心や体が〕健康な、健全な、けがや病気などがない状態。」

と言う意味になるのです。

 

「I'm safe and sound」

 

これで、「私は無事(怪我もなく)です」という意味になるのです

他の使い方の例を挙げてみると、

 

I arrived home safe and sound.

無事に家に着きました。

 

The missing boy was found safe and sound.

行方不明だった少年が無事見つかった。

 

I'm sure the Simpsons are safe and sound.

シンプソン一家は無事だと確信してます。

 

などなど。

 

 

 

さて、これであなたの「無事」を伝える時、

サラっとネイティブ風に言えることがきますね٩( ᐛ )و

というわけで、無事でいるためにも、

防災対策はしっかりとりましょうね(^ ^)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts